結婚写真は前撮りなら思う存分に記念に残る写真を撮ることができる

サイトマップ

薔薇の花束を持った女性

結婚写真前撮りって何でしょう?

仲が良い2人

結婚写真の前撮りは、私を含めた男性は結婚を考えるまでよくわからない言葉だったと思います。言葉の意味はとても簡単で、結婚式の衣装(式で着用する以外の場合もあります)を着て事前に写真を撮ることです。意味を知ったところで男性としては必要ないのではと思うかもしれません。私も必要無し!と思っていました。が、実際に前撮りをしておいて良かったと思っています。
前撮りなんて邪魔臭いなと思っていたのですが、私の場合前撮りで着る衣装と式で着る衣装が違ったので、結婚式だけを行うより、少しだけですが衣装が違う嫁の綺麗な姿を見れたことが本当に幸せでした。また自分も衣装を着て前撮りすることで、あぁ本当に結婚するんだな…自分の気持ちの変化というか身が引き締まる思いを感じました。さらに私の場合は結婚式の前撮りに結婚式を挙げることが出来なかった妻の祖母も一緒に衣装を着てもらって写真を撮りました。結婚式は両家として行うので、このようなことはやりにくいと思いますが、前撮りの場合は私と妻が了承していれば何の問題も起きないので気兼ねなく出来て妻の祖母にも、大変喜んでいただいたのも良い記念です。
また後から良かったと思ったのが、結婚して初めて迎える年賀状作成の時です。結婚式と同じ写真では、式にご参列いただいた方にはお送りしにくいので、前撮りした別の写真があったので楽に写真の選定も行えました。

注目コンテンツ

Copyright © 2016 結婚写真は前撮りなら思う存分に記念に残る写真を撮ることができる All Rights Reserved.